顧客満足度の高い貸切風呂、客室露天風呂があるお宿を厳選して掲載。徹底した現地取材を実施中。


温泉検索どっとこむ

貸切温泉どっとこむのポリシー

TOP > 全国 > 九州地方 > 大分県 > 由布院温泉 > 草庵秋桜(そうあん こすもす)

アイコンの見方

貸切露天露天風呂付き部屋離れ貸切日帰り+食事付プラン24時間利用食事食事エステ高速インターネットDVDサウナバリアフリーペット加水をしない源泉100%かけ流し源泉かけ流しだが加水による温度・湯量調節をしている源泉かけ流しと循環を併用 (加水なし)囲炉裏混浴岩盤浴

由布院を代表する絶品創作懐石を味わう宿

草庵秋桜 そうあん こすもす Soan Cosmos

TEL:0977-85-4567

※予約問合せの際は、必ず「貸切温泉どっとこむ」を見たと言ってください。

草庵秋桜-料理(1)

「草庵秋桜」が料理のおいしい宿として知られ、由布院の旅館で出される料理が全体的においしいという声が多く聞こえるのは、この宿の総料理長・新江憲一さんの影響であると言っても過言ではない。
彼が発起人となって誕生した「由布院料理研究会」は、月1回を目安に会合を開催。参加するのは各旅館の料理人だ。
そこに各自がオリジナルの料理を持ち寄り、互いの技術向上や情報交換、さらに言えば刺激の場として交流を続けているのだ。
なるほど、常に新しい料理が提供されるのも頷ける。
現在、総料理長・新江さんの弟子にあたる中山田野歩さんが料理長を務めている。
まだ29歳という若さ(取材時)だが、食に関する技術とセンスは折り紙付き。
「お客様のことを常に思い描き、少しでも思い出に残る料理を作っていきたい」という中山田さんは、料理長となった今も、日々その腕を磨いておられるのだ。

そんな中山田さんが腕を振るう野あそび(離れにお泊りの際の献立・2010年4月中旬取材)と命名された夕食をご紹介しよう。
夕食をいただくのは、「喫茶かすみそう」に隣接する食事処「すみれ」だ。
座席は、椅子席と掘りごたつ席から選択することができる。

まずは、春らしい彩りある3品が並ぶ先付からいただく。
可愛らしい器に入った蓋物は、すくい豆腐。由布院の豆腐料理店「市の坐」から取り寄せているこだわりの豆腐に、醤油ゼリーとウニが添えられている。
味はもちろん、この食感も美味しい。
桜の花びらを模した器には、グリーンピース豆腐、花びら人参、筍寿司、桜餅(牛蒡、人参を包んである)、玉子焼き(中に甘辛く煮た蕗)、空豆、ウド梅酢漬けが盛り付けられる。
もう一つの皿に、爽やかな甘夏和え。蕾菜、新わかめ、蛇腹きゅうり、長いも、赤貝、ミル貝をサラダ感覚でいただいた。

吸い物は、桜鯛清汁。
桜鯛は産卵期の脂の乗ったものを指す。よもぎ豆腐、ワラビ、甘草(カンゾウ)などが入る。

旬のもの、豊後水道お造り。
豊後水道とは、九州の大分県と四国の愛媛県に挟まれた海域のこと。
あいなめ、鯛、鱒、関サバは、醤油か生姜醤油でいただく。関さばは、大分県大分市の佐賀関で水揚げされたいわゆる高級ブランド。
馬刺しは、熊本のお客がお土産に持ってきてくれたものだという。

温物は、桜万十(まんじゅう)。
こちらは、いわゆる道明寺桜餅のこと。筍、蕗、イイダコ、鯛の玉子とじなどは入る。
上品で控えめな出汁に包まれた、料理長の腕が光る逸品。

焼物は、フォアグラ大根。
美しい焼き色のついたフォアグラと大根に食欲がそそられる。一口食せば、深く豊潤な味わいが広がり、思わず顔がほころぶ。
ソースは、甘酢に摩り下ろしたリンゴを加えたもの。水菜、玉ネギ、パプリカを添えて。

油物は、稚鮎と山菜の天ぷら。
山菜は、筍、百合根、タラの芽、こごみ、つくし、ゆきのした。岩塩か天ツユでいただく。

ここで箸休めの香母酢(かぼす)シャーベットが登場。
食事の中休みという意だけでなく、満腹感を紛らわせる効果もある。
シャーベットの上に乗っているのは、香り豊かな柚子ねり。

鍋物は、大分県産地鶏のつみれ鍋。
野菜中心のヘルシーな鍋で、水菜、春菊、セリ、ネギ、キノコ、牛蒡など全て地元産。カツオと鶏の出汁、野菜の旨みで、シンプルながら抜群のハーモニーを奏でる。
大根おろしに柚子胡椒を混ぜあわせ、団子状になった薬味が洒落ている。
鍋だけを楽しむのも良いが、その美味しいスープにご飯を投入し、雑炊にしていただくことも出来るそうだ。

最後に一口サイズの豊後牛のステーキで、贅沢な晩餐を占める。
リンゴ、玉ネギ、ニンニクを使ったソースで、牛肉の旨みを巧みに引き出している。

ご飯は、米は、全て自家製のもので、宿のスタッフ全員で米作りに取り組んでいるとのこと。
香の物は7種類あり、こちらも全て自家製。

甘味は、桜ムースとフルーツいろいろ。
自家製の桜ムースは、ほのかな甘み。イチゴは、生キャラメルのソースを絡めていただく。グレープフルーツには、粉糖を水で溶かしたシロップ。

以上が今回取材した夕食。
評判に違わぬ期待以上の料理ばかりであった。
和食をベースにしながらも、それに固執しない創作懐石は、どんなお客にも受け入れられそうだ。
職人が追求する味と食感、そして目を楽しませる芸術的な盛り付けに、感動すら覚えることだろう。

11:30~14:00にはランチ営業もしており、宿泊客でなくとも、「草庵秋桜」の味が楽しめる。
旬の味が満載のランチ「秋桜膳」は、1,800円でコーヒーとデザートが付く人気メニューだ。

朝食は、「地元の野菜や地鶏卵など、ごゆっくりお召し上がり下さい」という女将の手紙があるように、厳選した地の食材中心のメニュー。
定番のざる豆腐(薬味に、かつおぶし、生姜、ネギ)は、でリピーターに好評。これを食べて、「また秋桜に帰ってきたなあ」という実感が湧いてくるのだという。
自家製の黒ゴマドレッシングがかかった温野菜、焼き魚(鮭)、関サバの琉球漬け(醤油と胡麻で和えたもの)、茶わん蒸し(ウナギの蒲焼き入り)、切干大根、明太子といった品数豊富なメニュー。ご飯は、モチモチした食感の美味しいミルキークイーン。濃厚な地鶏卵で玉子かけご飯とすれば、自然と箸が止まらなくなる。
なめこと豆腐の味噌汁、香の物も付く。

食事処「すみれ」
夕食をいただくのは、「喫茶かすみそう」に隣接する食事処「すみれ」。
座席は、椅子席と掘りごたつ席から選択することができる。

 

夕食の一例(2010年4月中旬取材)・・・野あそび(露天風呂付き離れの献立)
先付は、春らしい彩りのある3品。
可愛らしい器に入った蓋物は、すくい豆腐。由布院の豆腐料理店「市の坐」から取り寄せているこだわりの豆腐に、醤油ゼリーとウニが添えられている。味はもちろん、この食感も美味しい。
桜の花びらを模した器には、グリーンピース豆腐、花びら人参、筍寿司、桜餅(牛蒡、人参を包んである)、玉子焼き(中に甘辛く煮た蕗)、空豆、ウド梅酢漬けが盛り付けられる。もう一つの皿に、爽やかな甘夏和え。蕾菜、新わかめ、蛇腹きゅうり、長いも、赤貝、ミル貝をサラダ感覚でいただいた。
吸い物は、桜鯛清汁。桜鯛は産卵期の脂の乗ったものを指す。よもぎ豆腐、ワラビ、甘草(カンゾウ)などが入る。
旬のもの、豊後水道お造り。豊後水道とは、九州の大分県と四国の愛媛県に挟まれた海域のこと。
あいなめ、鯛、鱒、関サバは、醤油か生姜醤油でいただく。関さばは、大分県大分市の佐賀関で水揚げされたいわゆる高級ブランド。馬刺しは、熊本のお客がお土産に持ってきてくれたものだという。
温物は、桜万十(まんじゅう)。こちらは、いわゆる道明寺桜餅のこと。筍、蕗、イイダコ、鯛の玉子とじなどが入る。上品で控えめな出汁に包まれた、料理長の腕が光る逸品。
焼物は、フォアグラ大根。美しい焼き色のついたフォアグラと大根に食欲がそそられる。一口食せば、深く豊潤な味わいが広がり、思わず顔がほころぶ。
ソースは、甘酢に摩り下ろしたリンゴを加えたもの。水菜、玉ネギ、パプリカを添えて。
油物は、稚鮎と山菜の天ぷら。山菜は、筍、百合根、タラの芽、こごみ、つくし、ゆきのした。岩塩か天ツユでいただく。
ここで箸休めの香母酢(かぼす)シャーベットが登場。食事の中休みという意だけでなく、満腹感を紛らわせる効果もある。
シャーベットの上に乗っているのは、香り豊かな柚子ねり。
鍋物は、大分県産地鶏のつみれ鍋。野菜中心のヘルシーな鍋で、水菜、春菊、セリ、ネギ、キノコ、牛蒡など全て地元産。カツオと鶏の出汁、野菜の旨みで、シンプルながら抜群のハーモニーを奏でる。大根おろしに柚子胡椒を混ぜあわせ、団子状になった薬味が洒落ている。鍋だけを楽しむのも良いが、その美味しいスープにご飯を投入し、雑炊にしていただくことも出来るそうだ。
最後に一口サイズの豊後牛のステーキで、贅沢な晩餐を占める。リンゴ、玉ネギ、ニンニクを使ったソースで、牛肉の旨みを巧みに引き出している。
ご飯は、米は、全て自家製のもので、宿のスタッフ全員で米作りに取り組んでいるとのこと。香の物は7種類あり、こちらも全て自家製。
甘味は、桜ムースとフルーツいろいろ。自家製の桜ムースは、ほのかな甘み。イチゴは、生キャラメルのソースを絡めていただく。グレープフルーツには、粉糖を水で溶かしたシロップ。

 

総料理長・新江憲一さん
15歳で料理の道を志し、有名料亭「なだ万」などで修行を重ね、平成8年この宿の料理長に就任した新江憲一さん。彼が料理長に就任するや、料理が美味しい旅館として、それまで以上に宿の名が知れ渡る事になったという。
彼が発起人となって誕生した「由布院料理研究会」は、月1回を目安に会合を開催。研究会の会長として、自らの宿だけではなく、この温泉地の料理文化向上に努めている。
参加するのは各旅館の料理人。そこに各自がオリジナルの料理を持ち寄り、互いの技術向上や情報交換、さらに言えば刺激の場として交流を続けているのだ。常に新しい料理が提供されるのも頷ける。

 

料理長・中山田野歩さん
新江さんの弟子にあたるのが、中山田野歩さん。まだ29歳という若さ(取材時)だが、食に関する技術とセンスは折り紙付き。
「お客様のことを常に思い描き、少しでも思い出に残る料理を作っていきたい」という中山田さんは、料理長となった今も、日々その腕を磨いておられるのだ。

 

朝食の一例(2010年4月中旬取材)
「地元の野菜や地鶏卵などごゆっくりお召し上がり下さい」という女将の手紙があるように、朝食も地産池消にこだわっている。
定番のざる豆腐(薬味に、かつおぶし、生姜、ネギ)は、でリピーターに好評。これを食べて、「秋桜に来たんだなあ」という実感が湧いてくるのだという。
自家製の黒ゴマドレッシングがかかった温野菜、焼き魚(鮭)、関サバの琉球漬け(醤油と胡麻で和えたもの)、茶わん蒸し(ウナギの蒲焼き入り)、切干大根、明太子といった品数豊富なメニュー。ご飯は、モチモチした食感の美味しいミルキークイーン。濃厚な地鶏卵で玉子かけご飯とすれば、自然と箸が止まらなくなる。
なめこと豆腐の味噌汁、香の物も付く。

 

この宿の公式ページへ


草庵秋桜

基本情報

宿泊・日帰り・貸切料金/施設&サービス

宿泊料金 ※料金は12名様宿泊時の1名様分(サービス料込・消費税別)※別途入湯税150円(大人のみ)

公式HPネット予約特典 【ベストレート(最低価格)保証】
公式HPからの予約が一番お得な料金になっております。

期間限定:詳しくは公式HPまで
①特製季節のシャーベット
②大分の焼酎3点利酒セット
③茶寮かすみ草の珈琲プレゼント
④草庵秋桜「四季工房」オリジナル商品20%OFFチケット
お得なプラン 特選懐石プラン、一人旅プラン、素泊まり、1泊朝食付き、レイトチェックアウトブランチプランなどお得なプランは公式をチェック★
本館・洋室
(定員1~2名)
¥19,800~ 休前日アップ料金 ¥1,000
全1室(201さくらそう)
※TW洋室(8帖)+3帖+BT
本館・二間付き和室
(定員2~5名)
¥20,900~ 休前日アップ料金 ¥1,000
全6室(101やまぼうし、102ふくじゅそう、202かきつばた、203なでしこ、205みやこわすれ、206ききょう)
※8帖+8帖+BT
露天風呂付きメゾネット型離れ
(定員2~5名)
¥28,200~ 休前日アップ料金 ¥1,000
全4室(302りんどう、303はなしょうぶ、305ゆきのした、他1室)
※10帖+8帖+客室露天風呂+シャワールーム+T
露天風呂付き特別室離れ
(定員2~5名)
¥32,600~ 休前日アップ料金 ¥1,000
全2室(306うめばちそう、307ゆうすげ)
※8帖+12帖+次の間+客室露天風呂+温泉内風呂+T
◇レイトチェックイン
(1泊2食)
¥16,800~ ※平日限定、部屋数限定
IN→18:00、OUT→11:00
◇ミッドナイトチェックイン
(1泊1食+夜食)
¥9,200~ ※平日限定、部屋数限定
IN→21:00、OUT→11:00
簡単な夜食(軽食)と朝食がつく。朝食はチェックアウト後、お食事処でのブランチに変更可。

宿泊情報

IN→ 15:00 OUT→ 11:00
カード使用 部屋の眺望 山・庭
部屋食 一部あり 離れ相談可
夕食の内容 和風創作懐石
朝食の内容 和食 ※11:00チェックアウト後のブランチ(洋食)に変更できるプランあり。

貸切風呂情報

料金 宿泊の場合 無料
利用時間 15:00~23:00,6:30~9:30 ※宿泊客の休前日(繁忙日)の貸切~可
予約方法 予約なし(先着順)

日帰り温泉情報 

貸切日帰り温泉情報

料 金 貸切料:¥2.200/60分(2名1組)
※その後は一人増える毎に¥550/60分ずつプラスで可能だが、湯舟の大きさは2名ぐらいが丁度良い。
利用時間 12:00~15:00と18:30~20:00の1時間以内
食事付きプラン(要予約)
料 金 3Hステイ:
昼食+客室ステイ(寝具なし)/5,600円~
6Hステイ:
昼食+客室ステイ/8,000円~
9Hステイ:
昼食+夕食+客室ステイ/13,600円~
食事の内容 昼食:「秋桜膳」(1800円相当)
夕食: ご宿泊の際と同様の懐石料理
※夕食は、旬菜懐石or特選懐石を選択可
※個室食事処(食事のみの利用も可)
設定日 3Hステイ:
12:00~15:00
6Hステイ
:12:00~18:00
9Hステイ
:12:00~21:00
受付時間 平日、日曜日(休前日、連休、繁忙期除外)※3日前から予約受付
その他 男女別大浴場+露天風呂、貸切露天風呂利用無料

施設情報

部屋数 全13室
和12室・洋1室(離れ6室・本館7室)
収容人数 50名 駐車場 13台
ペット 不可 バリアフリー 対応(本館1階のみ)
エステ・マッサージ エステ:¥4,300~
マッサージ:¥4,200/40分
インターネット ロビー周辺:無線LAN対応、客室:一部有線LAN対応
DVD あり(フロントにてレンタル)
TVチャンネル NHK2局 民放3局  NHKBS2局
施設 個室食事処・カフェ・売店
自動販売機 ジュース:¥120
売店 あり

風呂施設情報

貸切風呂 部屋付き:露天風呂・ヒノキ風呂 共同のお風呂(時間制):露天風呂・内湯
貸切風呂の眺望 部屋付き:山・庭園   共同のお風呂(時間制):山・庭園
その他のお風呂 男女別露天風呂 男女別内風呂

客室情報(アメニティ)

冷蔵庫のシステム 利用した分だけ申告(持ち込みのドリンクを入れるスペースあり)
冷凍室 不可
冷蔵庫のドリンク 中瓶ビール:¥600 ジュース(コーラ):¥300
アメニティ 
浴衣 バスタオル タオル 石鹸
ボディソープ シャンプー コンディショナー リンスinシャンプー
歯ブラシ シャワーキャップ ドライヤー ブラシ・くし
カミソリ 綿棒 洗浄機付きトイレ    
…常備  …有料で用意  …一部常備  …置いてない

その他サービス・レンタル情報

車イス 階段手すり/無料貸し出し用車いす
お子様 子ども用スリッパ/子ども用浴衣/子ども用食器/粉ミルク用のお湯
外国語 英語

おまけ情報

オススメお土産 ふまんじゅう・玄米まんじゅう(要予約)
近くのコンビニ 車で3分
携帯アンテナ docomo
au
ソフトバンク

草庵秋桜

温泉情報

泉質 アルカリ性単純温泉
源泉の温度 60℃ 湧出量 80リットル/分
水素イオン pH 8.2 溶存物質総量(ガスを除く)
源泉の湧出状況 自家源泉で動力泉(ボーリングによってくみ上げる源泉)
加水/循環ろ過 ○客室の露天風呂・家族風呂:源泉かけ流しだが夏期のみ加水による温度調節をしている
○客室の内風呂:加水をしない源泉100%掛け流し
○男女別大浴場・露天風呂:源泉掛け流し+循環を併用
加温 なし
消毒 男女別大浴場・露天風呂のみ
浴槽の湯の入替 1日1回
入浴剤 未使用
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康促進
湯の色 無色透明
飲用 不可 飲用の適応症
におい/味 無臭

草庵秋桜

交通アクセス&周辺情報

車・電車・バス・送迎/観光・アクティビティー

アクセス情報

電 車 JR久大本線由布院駅からバス10分
送 迎 あり(条件あり)ご宿泊の方のみ由布院駅まで
クルマ 大分自動車道湯布院ICから約5km
マップ

周辺情報

周辺観光スポット 高崎山自然動物園、うみたまご、由布院夢美術館
レクリエーション
(観光農園、公園など)
金麟湖、城島後楽園遊園地、鶴見岳
スポーツ ゴルフ

草庵秋桜

スタッフより

草庵秋桜:女将 太田典子さんからのコメント

由布院の町中にありますが、一歩館内に入ると全く静かな木の香りのする宿です。地鶏野菜を使った創作懐石料理を召し上がり、ゆったりと温泉につかって、日々のあわただしさをお忘れください。 草庵秋桜:女将 太田典子さん

※予約問合せの際は、必ず「貸切温泉どっとこむ」を見たと言ってください。


公式ホームページ 別ウィンドウで開きます。

こちらの宿情報は携帯電話からもご覧頂けます。お使いの携帯電話でQRコードを読み込んで下さい。

草庵秋桜 QRコード
取材日2010/04/15
一部情報更新日2016/07/06

ページの上に戻る

貸切温泉どっとこむ
<スマートフォン版>

kashikiri-onsen.com

24時間オンライン予約できる宿はこちら

北海道

東北地方

関東地方

箱根・湯河原

伊豆・熱海

中部地方

近畿地方

中国地方

九州地方