顧客満足度の高い貸切風呂、客室露天風呂があるお宿を厳選して掲載。徹底した現地取材を実施中。


温泉ブログ~一期一湯

貸切温泉どっとこむのポリシー

貸切温泉どっとこむ
<スマートフォン版>

kashikiri-onsen.com

24時間オンライン予約できる宿はこちら

北海道

東北地方

関東地方

箱根・湯河原

伊豆・熱海

中部地方

近畿地方

中国地方

九州地方

温泉の効能

温泉の泉質

私たちが訪れる温泉は、全て国が指定する機関において源泉ごとに化学的な成分分析を行い、都道府県知事から利用許可を受けているものです。すべての温泉はこの化学的な分析データをもとに泉質が決められています。

 さてこの泉質とはいったいなんなのでしょう?私たちがみんな顔や性格が違うように、温泉も温度の違いや色の違い、においの違いなど様々な個性を持っています。様々な個性の中で、温泉水に含まれている成分の違いが温泉の泉質なのです。

温泉の泉質の種類

単純温泉
泉温が25℃以上で、温泉水1㎏中に含有成分が1.000mgに満たないものです。pH8.5以上のものをアルカリ性単純温泉と呼んでいます。肌触りが柔らかく、癖のない温泉です。

▼主な温泉地
岐阜県・下呂温泉、長野県・鹿教湯温泉など、多くの温泉地
二酸化炭素泉 温泉水1㎏中に遊離炭酸1,000mg以上を含むものです。入湯すると全身に炭酸の泡が付着します。日本には比較的少ない泉質です。飲用すると炭酸の爽やかな咽越しが楽しめます。

▼主な温泉地
大分県・長湯温泉、 山形肘折温泉郷・黄金温泉など
炭酸水素塩泉 温泉水1㎏中に含有成分が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が炭酸水素イオンのものです。陽イオンの主成分により、ナトリウム炭酸水素塩泉やカルシウム炭酸水素塩泉、マグネシウム炭酸水素塩泉などに分類されます。

▼主な温泉地
和歌山県・川湯温泉、 長野県・小谷温泉など
塩化物泉 温泉水1㎏中に含有成分が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が塩素イオンのものです。日本には多く見られる泉質で、陽イオンの主成分により、ナトリウム塩化物泉、カルシウム塩化物泉、マグネシウム塩化物泉などに分類されます。 塩分が主成分となっているので、飲用すると塩辛く、塩分濃度が濃い場合は苦く感じられます。

▼主な温泉地
静岡県・熱海温泉、 石川県・片山津温泉など、多くの温泉地
硫酸塩泉 温泉水1㎏中に含有成分が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が硫酸イオンのものです。陽イオンの主成分により、ナトリウム硫酸塩泉、カルシウム硫酸塩泉、マグネシウム硫酸塩泉などに分類されます。

▼主な温泉地
群馬県・法師温泉 静岡県・天城湯ヶ島温泉など
含鉄泉 温泉水1㎏中に総鉄イオン(鉄Ⅱまたは鉄Ⅲ)を10㎎以上含有するものです。陰イオンによって炭酸水素塩型と硫酸塩型に分類されます。温泉が湧出して空気に触れると、次第に鉄の酸化が進み赤褐色になる特徴があります。また、鉄の含有量が10㎎に達していない場合などは、炭酸水素塩泉や硫酸塩泉等に分類されますが、鉄の酸化によって温泉水の色は含鉄泉と同様に赤褐色や茶褐色になります。

▼主な温泉地
兵庫県・有馬温泉
含アルミニウム泉 温泉水1㎏中に含有成分が1,000mg以上あり、陰イオンとして硫酸イオン、陽イオンとしてアルミニウムを主成分とするものです。アルミニウム・鉄(Ⅱ)-硫酸塩泉(旧泉質名で「明礬泉」と呼ばれていたもの)は、群馬県・万座温泉などにみられます。

▼主な温泉地
群馬県・万座温泉 など
硫黄泉 温泉水1㎏中に総硫黄2㎎以上含有するものです。単純硫黄型と硫化水素型に大別され、わが国では比較的多い泉質です。タマゴの腐敗臭に似た特有の臭いは、硫化水素によるものです。

▼主な温泉地
栃木県・日光湯元温泉、神奈川箱根温泉郷・小涌谷温泉など
酸性泉 温泉水の中に多量の水素イオンを含有しているものです。多くの場合は、遊離の硫酸や塩酸の形で含まれ、強い酸性を示します。ヨーロッパ諸国では殆ど見られない泉質ですが、わが国では各地でみることができます。

▼主な温泉地
秋田県・玉川温泉、群馬県・草津温泉など
放射能泉 温泉水1㎏中にラドンを20(百億分の1キュリー単位)以上含有しているものです。放射能というと人体に悪影響を及ぼすと考えがちですが、ごく微量の放射能は、むしろ人体に良い影響を与えることが実証されています。

▼主な温泉地
鳥取県・三朝温泉、山梨県・増富温泉など


温泉の効能

暖かい湯船で体の芯までポカポカになって、日頃の喧騒を忘れてリラックスして・・・これだけでも十分温泉の効果の表れなのですが、温泉は昔から湯治として実際の治療法としても用いられてきました。温泉で精神的にリラックスできて医学的にも効果があるなんてなんて素敵なんでしょう。でももちろん万病に効くというわけではありませんし、逆効果になることもあるのです。

 ここでは効果のある病気(適応症)、逆効果になる病気(禁忌症)、そして上で見た泉質別の効能を見ていきましょう。

+温泉の一般的禁忌症+
急性疾患(とくに熱のある時)・活動性の結核・悪性腫瘍・重い心臓病・呼吸不全・腎不全・出血性の疾患・悪性の貧血・その他一般に病勢進行中の疾患・妊娠中(特に初期と末期)などなど
+温泉の泉質別禁忌症+
塩化物泉
炭酸水素塩泉
一般的禁忌症に準ずる 腎臓病・高血圧症・一般むくみがあるとき・甲状機能亢進症のときヨウ素を含有する温泉は禁忌
硫酸塩泉 一般的禁忌症に準ずる 下痢のとき
二酸化炭素泉 一般的禁忌症に準ずる 下痢のとき
硫黄泉
酸性泉
皮膚、粘膜の過敏な人、とくに光線過敏症の人(硫化水素型) 高齢者の皮膚乾燥症 下痢のとき

+温泉の一般的適応症+
神経痛・筋肉・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進などなど
+温泉の泉質別効能+
単純温泉 一般的適応症に準ずる
塩化物泉 慢性婦人病・虚弱児童・慢性皮膚病・切り傷・やけど
炭酸水素塩泉 慢性膚病・切り傷・やけど
硫酸塩泉 動脈硬化症・慢性皮膚病・切り傷・やけど
二酸化炭素泉 高血圧症・動脈硬化症・切り傷・やけど
含鉄泉 月経障害
含銅・鉄泉 月経障害
酸性泉 慢性皮膚病
硫黄泉 高血圧症・動脈硬化症・糖尿病・慢性婦人病・慢性皮膚病・切 り傷
放射能泉 動脈硬化症・痛風・胆石症・慢性胆嚢炎・慢性婦人病・慢性皮膚病

いかがでしたか?

 何気なく入っていた温泉にもこれだけの種類と効能があるのです。
 温泉選びの目安の1つに加えてみてもいいかもしれませんよ。